読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師

ぼくは、美容師をしている。


美容師てのは、人に気を使う仕事だから、結構気疲れが多い。

ただ、それが嫌いというわけではない。


先日 鬼頭塚さんとゆうひとから、新規の予約がきた


声はどす黒く、あれくれていた。

カットの予約らしい


予約は一応とった。


あれはまるでヤクザだった

僕はひどく怯えた。

その日は休もうか考えた。


そして当日。。。


きたのは、






小学二年生の幼い女の子だった。

かわいかった。

怯えてそんした